ファーストフードを食べるとどんな身体に悪いことがあるの?バーは意外と健康的!?

ファーストフードの食べ過ぎは身体に悪い、というのは一般的に言われていることですが、食べ過ぎると具体的にどんな健康被害が起こるのでしょうか。そのリスクについてご紹介します。

赤ちゃんへの被害

妊娠中の人がファーストフードを多く摂ると、胎児の脳の発達に影響が生じ、生後に過食体質になるリスクが増えることがわかっています。満腹を感じさせるドーパミンと呼ばれる物質の分泌が悪くなってしまうため、満腹感を得るためにはたくさん食べなくてはいけない体質になってしまうのです。また、生まれてくる子供をアレルギーにしてしまうのもファーストフードといわれています。これは妊娠中にお母さんが柑橘類や緑黄色野菜などを多く摂取した場合、生まれてくる赤ちゃんがアレルギーである確率が低かったというデータに基づいています。ファーストフードでは緑黄色野菜などをあまりとることができないので、胎児がアレルギーになるリスクを高めてしまっているといえます。

【新感覚!】東京のコンセプトが面白いカフェ&BAR(バー) 10選 – NAVER まとめ

心臓病

ます、ファーストフードの食べ過ぎは心臓病になるリスクを56%も高めます。毎日ファーストフードばかり食べていると、それだけで重大な病気にかかるリスクが高くなってしまうのですね。