葬儀の時に恥ずかしくないようにするエンバーミングとは?

もし自分が亡くなった時、それが事故であったりすると遺体の損傷が激しい場合があります。
他の人のお葬式に行った際に注目してほしいのですが、どの遺体もとてもキレイになっていますよね。
いわゆる、死化粧もしますが、特に事故で亡くなった人や遺体の損傷が激しい人には

エンバーミングというものが行わなれます。やはり、遺族にとっては愛する家族の遺体が
美しいものであってほしいですし、ケガをしたままでは痛々しくてみていられません。
そのために。エンバーミングというものは存在します。

エンバーミングというのは、遺体衛生保全のことです。
遺体は時間が進むにつれてどんどん腐っていってしまいますから、それを防ぐためにする処置のことです。
特に夏は腐敗が早いですから、長期間の安置は難しいとされています。それを解決してくれるのが
エンバーミングなのです。

葬式仏教 – Wikipedia

このエンバーミングは遺体に防腐したり、殺菌したり。ケガをしていれば修復を行ってくれます。
遺体を洗浄・消毒して血液の代わりに防腐剤を注入します。必要に合わせた修復をするので
あとはお化粧をするので、美しい容姿に戻してくれます。

エンバーミングの料金は状況もよりますが、だいたい十数万円ぐらいから受けてくれます。