育毛剤と発毛剤の違いってなに?

薄毛で悩む人には、育毛剤を使ってみようと思う人もいますよね。
でも、さまざまな商品がある中で「育毛剤」と書かれていたり、
「発毛剤」と書かれていたり…実際どちらを使えばいいのか。
疑問に思う人も多いと思います。
そこで、どう違うのか?どんな効果があるのか?調べてみました!

●育毛剤とは…

育毛剤とは、今生えている髪の毛に栄養を与えるものです。
つまり、髪の毛に栄養を与えて育てるようなものです。
弱っている髪の毛に毛根へ栄養を与えて血行促進や栄養補給を促します。

●発毛剤とは…

髪の毛がまったくないような人。つまりハゲ症状がある人ですね。
地肌が見えてしまっているレベルの人が使うものです。
発毛剤は、育毛剤と違って、体内から産毛状態の髪の毛を促す効果があります。
主に、生薬やミノキシジルなどの成分が使われています。
副作用のあるものですので、合わなかったとしたら困りますよね。
使ってみる前に、お医者さんに相談することが大切です。

まとめると。

育毛剤→「今ある髪の毛」に使うもの。(まだハゲきっていない状態)

発毛剤→「地肌が見えてしまっている」時に使うもの(ハゲ状態)

よく増毛体験!なんてCMでやっていますが、あれはエクステなので、
育毛でも発毛でもないので、注意してください。
自分の症状に合った育毛剤、発毛剤を選ぶことが大事なんですね!